日本セイルトレーニングスクール

事業実績

帆船“あこがれ”で行く大阪・上海交流事業 セイルトレーニング教育効果 調査分析報告 (2010)
帆船“あこがれ”大阪〜上海セイルトレーニング 教育効果調査分析(2010年)

帆船“あこがれ”(大阪市所有/セイル大阪運航管理)で行く大阪〜上海航海に乗船する公募高校生29名に対して、セイルトレーニングの教育効果測定分析を行うため社団法人大阪港振興協会の協力を得て、乗船前・下船時にコンピテンシー(行動特性)診断のためのCHEQを実施させていただきました。
また、航海状況・クルー・参加者の意識を把握するためセイル大阪Web“帆船「あこがれ」で行く大阪・上海青少年事業DIARY”ならびに参考資料としてお預かりした「参加者アンケート」を併用しながら分析を行いました。

今回は、高校生を対象とした中型帆船による長期航海ということで、セイルトレーニングの教育効果が最も期待できるこの航海の出航をSTSJのスタッフも大阪南港で見送りました。

航海年月日 :  2010年7月19日(月・祝) 〜 7月26日   7泊8日
開催場所  :  大阪南港 〜 瀬戸内海 〜東シナ海 〜 上海
CHEQ実施  :  7/19 大阪南港ACT内
         7/26 あこがれ船内
参加者   :  高校生 29名
実施方法  :  セイル大阪・長期航海プログラムによるセイルトレーニング
【総合所感】  
  参加者29名全体としてのEQ(心の知能指数)は各特性が大きく向上しており、今航海が参加者にとって自己成長を促がす良いキッカケの場となったようです。
 
参加者全体(29名)の航海前後の意識変化
参加者全体(29名)の航海前後の意識変化
  また、親の薦めで参加することになり、ネガティブな感情を抱えて参加した高校生が8日間の航海を終え、下船する時にはポジティブな感情を抱き、個人差はあるもののそれぞれが人間的な成長を実感しており、(航海に申し込んだ親御さんを含め)航海関係者に対する非常に強い感謝の念を抱いていることが非常に印象的でした。

我が子の成長を願う親御さんの後押しが、参加高校生一人ひとりの自立を促し、見知らぬ仲間との好ましい協調関係を築く貴重な体験を得るチャンスの場となり、参加高校生一人ひとりの今後の活躍がとても楽しみです。
▲このページのTOPに戻る
 
【調査分析結果】
総括  
  1.個人差はあるものの殆どの参加者が何らかの形で自分自身の成長を実感しており、意識調査に用いた簡易EQ診断(CHEQ)の結果にも定量的な数値結果として表れ客観的に確認することができました。
  - 参加感想文とCHEQとの関連性/成長に関する分析 -
 
トレーニー 感想文の一部抜粋 CHEQ 成長に関する分析
Aさん 初めのうちはしんどくて嫌だったけど、日頃忘れていることを学ぶことができました。
船についても興味がわいて来たし、マスト登りができたことによって、これからは出来ないことも一度挑戦しようと思いました。
Aさん 人と積極的に関わっていくことをあまりせず、困難に向かおうという姿勢が見られず悲観的にものごとを捉えていたようですが、恐怖心を克服しマスト登りを果たしたという成功体験が大きな自信につながったようです。ひとつのきっかけが、ものごとを前向きに捉える機会となり、考え・行動を根本から変えることにつながり、人生の大きな転機となったように推察しています。
Bさん 最初は「一人でもいいや」と思い、他の子が気になっていたけれども話しかける勇気もなく、ずっと独りで生活している感じでしたが、ある日をキッカケに自然に仲間と話せるようになっていました。 Bさん 新しい環境に馴染めず、つらい場面に正面から向かおうという気持ちが少なかったようですが、何かをキッカケに苦手意識が薄れ、他者との良好な関係作りができるようになったようです。
初めて出会った仲間と逃げ場のない閉ざされた空間で協働作業・共同生活するセイルトレーニングが、社会生活を送る上での苦手意識を短期間で克服させたように推察しています。
Cさん 親が応募したので、面白くなくやる気もなかったのですが、今は参加できたことを幸せに思っています。
精神面で大きく成長でき、今後自立していく上でとても意義がある体験ができました。
Cさん 大きな挑戦を乗り越えられた事によって、新しい事にも積極的にチャレンジしていこうという前向きな気持ちが強くなると同時に、自らの役割を強く意識し、つらい場面から逃げることなく責務を果たすために最後まで粘り強く取り組もうとするストレス耐性が高まったようです。
様々な環境下で他者に依存するのではなく、自らが積極的に役割を果たして行こうとする責任感の高まりが大きな成長に繋がっているようです。
▲このページのTOPに戻る
 
  2.航海中のワッチ(班)毎に教育効果面で大きな差が生じ、ワッチリーダーの指導方法が教育面での創出成果と因果関係がありそうだという仮説が生まれました。
 
Aワッチ Bワッチ
Aワッチ Bワッチ
Cワッチ Dワッチ
Cワッチ Dワッチ
  3.自己内観の意識が高い参加者ほど確実な成果が生まれ、自己の内面的変化に気付かない参加者ほど成果が表れにくいという傾向が確認できました。
 
大きな成果が確認できた参加者 あまり大きな成果が確認できなかった参加者
大きな成果が確認できた参加者 あまり大きな成果が確認できなかった参加者
| 当サイトのプライバシーポリシー | 運営事務局 |